MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳魚介料理 >

コラム

日本だけかと思ったら…イタリアにもあるちょっと変わった魚介料理。

『ウニは海のハリネズミ』

イタリア語でウニは、ricci di mare(リッチディマ ーレ)。mare は「海」で、ricci(o) は「いが」。つまり、「海のいが」。ちなみに、riccioにはハリネズミの意味もある。シチリアや南プーリアなどイタリア南部の沿岸では、ウニがよく食べられている。

最も一般的な食べ方は、パスタ。生ウニにオリーブオイルをからめてパスタにさっとあえるだけという簡単な料理法ながら味わいは贅沢だ。口当たりはクリーミーで、磯の香が口中いっぱいに広がる。イタリアのウニは日本のものよりやや小粒だが、味は濃厚。日本のイタリア料理店では、北海道産の大粒のウニがよく使われている。


『ウナギはクリスマス・イブに』

ウナギは、ヨーロッパの広い地域で食べられていて、イタリアでも珍しい食材ではない。イタリアのウナギ=アングイッラAnguilla 料理は、ぶつ切りにしてワイントマトソース煮込むのが最も一般的。ほかにもフリットリゾット、ズッパなど、さまざまな料理で使われる。エミリア= ロマーニャ州のコマッキオComacchio では秋にウナギ祭りSagrad ell'anguilla(サグラデッラングイッラ)が開かれ、ここではウナギの炭火焼きが有名だ。





東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541085

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 ボスカイオーラ  ディアボラ  カサレッチェ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト