MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳魚介料理 >

カルトッチョ

開けると立ち上る湯気と香り、旨みを封じ込める紙包み焼き

カルトッチョ

カルトッチョ紙包み焼きのこと。イタリア料理ではよく登場するが、日本では少々なじみが薄く、その語感からもイメージしにくい。carta(カルタ)=紙といえば理解しやすいだろうか。素材には肉や野菜も使われるが、この料理の持ち味が最も発揮されるのは、やはり白身魚だろう

写真はオナガダイを使用。軽くソテーしてスープや野菜、キノコアサリなどとともに紙に包んでオーブンへ。焼き上げて紙を開けると、湯気とともに香りが立ち上る蒸し焼きになった魚は、添えた貝や野菜の旨みも吸い込んで、ほんわりふっくらメニューとしては普通、素材名の後にal cartoccio(アルカルトッチョ)とつなげるが、Cartoccio di(カルトッチョディ)の後に素材名がくることも。スズキ紙包み焼きCartoccio di branzino(ブランジーノ)など。ちなみにアルミホイル包み焼きでもカルトッチョという。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541084

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 香草パン粉焼き  ストゥファート  クアトロ・フォルマッジ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト