MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

イタリアン手帳パスタ料理 >

プッタネスカ

黒オリーブとケイパーとアンチョビ入りで、娼婦風と呼ばれるトマトソース

プッタネスカ

「娼婦風」。風変わりな名前の多いイタリアのパスタソースの中でも、ダントツはこれだろう。黒オリーブケイパーアンチョビが入ったトマトソースで、ニンニクの香りもきいている。そのどこが娼婦風かといえば、諸説ある。最も信頼できそうなのは、1950年代にイスキアの芸術家エドゥアルド・コルッチが遊び心で命名したという説。だが、それがもっと色っぽい話に広がっていく。

トマトの赤とオリーブの黒が娼婦を思わせるとか、ケイパーの香味が軽い刺激を感じさせるからとか、あるいは客をもてなすのに忙しいナポリの娼婦が、手もとにある保存食だけで手軽に作れたからという説もある。南イタリアでは昔からポピュラーソースだったというが、名前のおかげで一躍人気となった。パスタスパゲッティを使うのが一般的。




東京書籍 (著:岸 朝子)
「イタリアン手帳」
JLogosID : 8541045

この辞典の個別アプリ

イタリアン手帳
イタリアンレストランでメニューを見るときやイタリア料理のレシピを読むとき、とにかく1冊手元にあれば困らない手帳型イタリア料理図鑑。

【辞典内Top3】 香草パン粉焼き  ストゥファート  クアトロ・フォルマッジ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 すし手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「イタリアン手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子
価格:1,512
収録数:
サイズ:()
発売日:
ISBN:978-4487804054

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト