MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

喫茶手帳ハーブティー >

クコ(枸杞)
【くこ】

クコ(枸杞)


漢方でも有名なクコ(枸杞)は、実、根の皮、葉の三つの部位がハーブとして使われますが、部位によって成分と効能が異なります。クコの実は血圧や血糖値下げるほか、肌の美容効果があり、根の皮は解熱や抗炎症効果があり、葉は血圧を下げ、デトックス、疲労回復、老化防止効果があるとされています。
漢方薬として使われるほどのハーブですが、葉を煎じて飲むクコ茶には苦みがあるので、シングルで飲む場合は冷やして、ブレンドにする場合は、グアバや玄米茶とブレンドすると飲みやすくなります。




東京書籍 (著:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会)
「喫茶手帳」
JLogosID : 8504126

この辞典の個別アプリ

喫茶手帳
コーヒー・紅茶・日本茶・中国茶・ハーブティー176銘柄収録。産地、味、香り、グレード、抽出法、効用など、コーヒー豆や茶葉などの銘柄を丁寧に解説したアプリ。

【辞典内Top3】 モカ・マタリ  安渓黄金桂  東方美人  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 すし手帳 

関連書籍

 東京書籍「喫茶手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会
価格:1,512
収録数:138
サイズ:16.2x9.2x1.4cm(-)
発売日:2009年8月
ISBN:978-4487803651

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト