MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

喫茶手帳中国茶 >

霍山黄芽
【かくざんこうが】

霍山黄芽


霍山黄芽は、安徽省霍山県の西部、海抜800m以上の峰々が連なる霧深い山林が産地です。
穀雨前に一芯一葉または一芯二葉で摘まれ、炒った茶葉を栗などの炭で燻し、その後1~2日間湿気を与えることで酸化発酵を促します(悶黄)。これを2回繰り返し、ようやく仕上げられます。
香りはわずかにスモーキーで、豊かな甘みとコクがありますが、君山銀針と比べると緑茶に近い味わいです。このお茶は唐代からの歴史がありますが、一時すたれ、その後1971年に復興しました。




東京書籍 (著:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会)
「喫茶手帳」
JLogosID : 8504072

この辞典の個別アプリ

喫茶手帳
コーヒー・紅茶・日本茶・中国茶・ハーブティー176銘柄収録。産地、味、香り、グレード、抽出法、効用など、コーヒー豆や茶葉などの銘柄を丁寧に解説したアプリ。

【辞典内Top3】 柿の葉  ストロベリーリーフ  ディンブラ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 すし手帳 

関連書籍

 東京書籍「喫茶手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:作山 若子/日本ティーコンシェルジュ協会
価格:1,512
収録数:138
サイズ:16.2x9.2x1.4cm(-)
発売日:2009年8月
ISBN:978-4487803651

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト