MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

すし手帳えび・かに >

しろえび

しろえび

深い藍色の海に育ち、地元では「藍甕に棲む深海の宝石」と称される。透きとおった淡いピンクの肢体は、英名にあるg l a s sどおり、脆く繊細なガラス細工そのままだ。市場に流通するほどの漁獲があるのは、世界でも富山湾だけという。
殻をむけば小指半分ほどの小さなえびだから、身を何匹分も一緒に軍艦にのせて、上にちょん下ろし生姜をあしらう。白い透明な身はほのかな甘さを閉じ込めてすがすがしく、まるで季節そのものを味わうかのよう。初夏のシラエビ漁は、ホタルイカ漁とともに富山湾の風物詩としてられる




東京書籍 (著:坂本一男)
「すし手帳」
JLogosID : 8003058

この辞典の個別アプリ

すし手帳
すし通必携。 94貫収録。 1貫1貫を丁寧に撮影した握りの写真、素材の魚についての解説・薀蓄など、すし通のための完璧なデータがつまったアプリ。

【辞典内Top3】 いくら  まごち  くるまえび  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「すし手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:坂本一男
価格:1,512
収録数:90貫
サイズ:15.8x9x0.8cm(-)
発売日:2008年8月
ISBN:978-4487802371

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト