MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

すし手帳白身など >

まこがれい

まこがれい

かれい類は日本周辺に約40種が生息し、そのすべてが食用とされる。なかでも煮つけや唐揚げ、椀ものなど、さまざまな料理でなじみ深いマコガレイは、夏を代表する白身ダネの一つだ。
白身は、特に「食べごろ」を大切にする。新しすぎず寝かせすぎず、うっすらと上品な甘さが醸成されたころ合いを計って握るのが鉄則という。
まこがれい(写真は茨城産)は、やわらかいのにしっかりと歯切れよく、甘さも上品に仕上がって申し分ない。タネの食べごろを見切った職人技の精華といえる。こんなマコガレイヒラメより好む人も少なくない。




東京書籍 (著:坂本一男)
「すし手帳」
JLogosID : 8003035

この辞典の個別アプリ

すし手帳
すし通必携。 94貫収録。 1貫1貫を丁寧に撮影した握りの写真、素材の魚についての解説・薀蓄など、すし通のための完璧なデータがつまったアプリ。

【辞典内Top3】 いくら  こはだ  エンガワ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

焼肉手帳 日本酒手帳 焼酎手帳 ワイン手帳 カクテル手帳 洋酒手帳 喫茶手帳 

関連書籍

 東京書籍「すし手帳」

出版社:東京書籍[link]
編集:坂本一男
価格:1,512
収録数:90貫
サイズ:15.8x9x0.8cm(-)
発売日:2008年8月
ISBN:978-4487802371

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト