MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 神無月

初雁
【はつかり】

 雁(がん・かり)とは、夏季にシベリア方面で繁殖し、秋に日本列島沿いに渡ってくるマガン・ヒシクイ・カリガネなどの総称。「グワン、グワン」あるいは「カリ、カリ」と聞こえる鳴き声が名の由来という。
 初雁とはその年で初めて渡ってきた雁のことで、東北地方では九~一〇月、九州では一一月頃。その鳴き声を初雁が音(初雁金)という。群をなして渡るときは、一直線になったり、鍵形になったりする。これを「雁の棹」「雁の列」という。夜間に渡ることが多く、昔から「月と雁」は書画の題材にされる和菓子の名にもなっている落雁は、雁が降りるさまをいう。




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040173


◆「初雁」がよく分かる関連まとめ


【辞典内Top3】 臘月  早生・中稲・晩稲  クォーツ時計の原理としくみ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト