MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 五月

八十八夜
【はちじゅうはちや】

「八十八夜の別れ霜」の意味は?

 立春から数えて八八日目。新暦では五月一~二日頃にあたる。二十四節気ではなく、節分、彼岸、入梅、二百十日などとともに雑節の一つである
 「夏も近づく八十八夜……」と唱歌にあるように茶摘みの最盛期である。しかし、この頃は山間部に季節はずれの遅霜(晩霜)が降り、茶や果樹などの農産物に壊滅的な打撃を与えることがある。そこで昔の農家は夜間が冷え込みそうな日は、ワラなどを燃やして霜害を防いだ。現在はリモートコントロールファンによって空気を撹拌し、霜が降りるのを防止している。「八十八夜の別れ霜」というのは、この日を過ぎれば霜害の心配がなくなるという意味である




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040130


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト