MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「たすける・たすけ」に関する故事・成語・ことわざ

[経世済民(けいせいさいみん)]世の中を治め、民を救うこと。また、そういう政治をいう。《類》「救世済民(きゅうせいさいみん)」
[左提右挈(さていゆうけつ)]左右の手でたずさえること。手を引いて互いに助け合うこと。
[敵(てき)に塩(しお)を送(おく)る]争っている相手が争いの本質でない物で困っているとき、その物を援助すること。
[天(てん)は自(みずか)ら助(たす)くる者(もの)を助(たす)く]他人の力を借りずに自分自身で努力する者を、天は助けて成功させたり幸福にしたりするということ。
[内助(ないじょ)の功(こう)]内部から得られた援助、特に妻が家庭にいて夫が外で十分働けるように助けること。また、その功績をいう。
[輔車相依(ほしゃあいよ)る]二つのものが互いに助け合って存在することのたとえ。出典は『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382117


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト