MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「正しい・正す」に関する故事・成語

[危言危行(きげんきこう)]言葉を正しくし、行いを正しくすること。「危言」は、言葉遣いが卑しくなるのを慎む、「危行」は、気高い行いのこと。
[規行矩歩(きこうくほ)]品行方正なこと。また、既存の法則やしきたりを守り続ける意にも使われる。
[公明正大(こうめいせいだい)]私心がはいらず、心が潔白で正しく、広いこと。《類》「公平無私(こうへいむし)」「正正堂堂(せいせいどうどう)」
[正真正銘(しょうしんしょうめい)]そいつわりのないこと。「正銘」は、正しい銘がある意で、本物であること。
[青天白日(せいてんはくじつ)](⇒「晴(は)れる・晴(は)れ」439ページ)
[品行方正(ひんこうほうせい)]心や行いが正しく立派なこと。「品行」は、道徳的に見た、よい・悪いの判断の対象となる行いの意。「方正」は、心や行いの正しいさま。
[斧正(ふせい)を請(こ)う]他人に自作の詩文の添削を請うときのへりくだった語。また、自著を献呈するとき使われる語。「斧正」はおので正す意。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382119


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト