MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

全国五つ星の手土産近畿 > 兵庫県

玉椿[伊勢屋本店]
【たまつばき】

可憐な乙女椿を思わせる
幸せ感漂う贅沢な上生菓子

玉椿[伊勢屋本店]

元禄年間(1688~1704)の創業で、江戸時代後期には五代目の新右衛門が、江戸に出て菓子修業をした。十一代将軍徳川家斉の娘喜代姫が五代姫路藩主酒井忠学に輿入れした際、江戸風の上生菓子を献上したところ、みごとなできばえに感じ入った家老の河合寸翁が玉椿と命名。以来、玉椿は藩の御用菓子となったという。その後も人気は高く、今日に至るまで博覧会での受賞も枚挙にいとまがない
銘菓・玉椿の美味しさの秘密は原料にある。なかなか手に入りにくい白小豆を使い、ゆで卵の黄身と白砂糖を加えた餡を、餅に糖蜜を加えて練り上げた求肥で包み、最後に粉糖をふりかける。口に入れるとやわらかく、ふんわりした甘さが広がる、贅沢で幸せな気持ちになれる菓子だ。
ほかにも上品な甘さで評判の汐路、火打焼など播磨の歴史と関わりの深い銘菓が揃う。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「全国五つ星の手土産」
JLogosID : 14071851

この辞典の個別アプリ

全国五つ星の手土産
岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・味・地元定着度・地元推奨度・全国的知名度などの観点から厳選して368品を紹介。

【辞典内Top3】 初夢漬[鶴泉堂]  梅もなか[御菓子處 五島]  をちこち[両口屋是清]  
【関連コンテンツ】

関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 東京-五つ星の蕎麦 

関連書籍

 東京書籍「全国五つ星の手土産」

出版社:東京書籍[link]
編集:岸 朝子/選
価格:3,024
収録数:368選
サイズ:19.6×12.4×4cm(-)
発売日:2008年8月
ISBN:978-4487801350

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト