MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

全国五つ星の手土産関東 > 栃木県

古印最中[香雲堂本店]
【こいんもなか】

名所旧跡の古印をかたどった
足利氏ゆかりの地の代表銘菓

古印最中[香雲堂本店]

足利氏発祥の地で、歴史と文化の香る足利市。その中心部に位置する香雲堂本店は、明治元年(1868)創業の、古印最中で知られる老舗だ。最中は、古い印や落款をかたどった角型。ぱりっとした香り高い皮にたっぷり詰まる煮崩した小豆のつぶ餡の旨みが濃く、ずしりと重い。形は一様ではなく、日本最古の学校史跡という足利学校や、足利氏祖先の氏寺・鑁阿寺に伝わる古印などを、極力忠実に模した7種がある。
包み紙のデザインや宣伝文の製作を手がけたのが、若き日の相田みつをであったことが、この最中をいっそう有名にしている。添えられた相田みつをの栞でもうかがえるように、創業以来のモットーは「至味一筋」。一途に郷土に根ざした菓子作りに努めているという。ほかにも同様に古印の型を押した古印煎餅や、足利尊氏を題材にした、塩味の尊氏せんべいなど評判のいい和菓子が揃う。




東京書籍 (著:岸 朝子/選)
「全国五つ星の手土産」
JLogosID : 14071666


【辞典内Top3】 伊万里焼饅頭[エトワール・ホリエ]  えがらまんじゅう[饅頭処つかもと]  飛騨のかたりべ[飛騨菓子匠 音羽屋]  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト