MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京-五つ星の蕎麦伝統の味を守る歴史ある名店11軒 > 荒川区

南千住砂場
【みなみせんじゅすなば】

江戸時代から続く砂場の総本家

南千住砂場

そばは江戸のものと考えがちだが、砂場のルーツは大阪にある。大坂城築城の際に資材置き場(砂場)の近くに和泉屋というそば屋があった。当時は屋号ではなく場所名で呼ぶことが多かったため、「砂場」と呼ばれていたという。

江戸に進出してきた時期は不明だが、嘉永元年(1848)に編纂された『江戸名物酒飯手引草』には6軒の砂場が掲載されている。この中にある「糀町七丁目砂場藤吉」が大阪から来た1号店といわれ、南千住砂場はこの流れを汲む店なので、砂場では一番の正統筋ということになる。

南千住砂場の創業は大正元年(1912)。現在の建物は、昭和29年に先代が近所の大工の棟梁と相談して建てた総檜造り、数寄屋風の木造建築で、荒川区文化財に指定されている。

千本格子の窓や船底天井、家紋を刻んだ鬼瓦などに風格を感じるが、生鮮食品や惣菜の店が並ぶアーケード商店街にあるためか“下町のそば屋”といった気さくな雰囲気がある

現在暖簾を守るのは十四代目となる長岡孝嗣さん。

「下町の店ですから、昔は銭湯帰りにふらっと寄ったり、力道山のプロレスを観るために来るような近所の社交場でした」と語る。

調理場の奥にある製麺機は先代から使い続けているもので、今も毎朝、孝嗣さんが製麺機に向かう

そば粉は国産で、微粒、中間、粗めの3種をブレンドし、全卵のつなぎと備長炭を入れた容器に寝かした水で練る。こうすることによって、なめらかな中にもそば特有の香りや舌ざわりが感じられるそばに仕上がるという。

本節と宗田節を使ったつゆは、やや辛口のキリッとした味。白くて細いそばとの相性もよい。濃厚なそば湯を口に含めば良質なそばの味を実感するはずだ。

うどんや冷や麦には、海水から自然に作ったフランス製の「セル マラン ド ゲランド」の塩を使うなど、老舗の名に甘んじない新しい挑戦も続けている。




東京書籍 (著:見田盛夫/選)
「東京-五つ星の蕎麦」
JLogosID : 14071201

【お隣キーワード】蓮玉庵  並木藪蕎麦  巴町砂場  名シェフとの出会い  
【辞典内Top3】 鉄舟庵(閉店)  檑亭  手打ちそば よしみや  

この辞典の個別アプリ

東京五つ星の蕎麦
老舗から新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選し紹介。蕎麦店のガイドブックアプリ。

関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京-五つ星の蕎麦」

出版社:東京書籍[link]
編集:見田盛夫/選
価格:1,836
収録数:217軒
サイズ:19.8 x 12.2 x 2.2cm()
発売日:2006-12-01
ISBN:978-4-487-80147-3

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト