MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼甘エビよりずっと野性的な味

薩摩甘エビの中小は頭と殻を取り除き、刺身用として出荷される。尾を持ってワサビ醤油をつけて舌にのせると、ぷりぷりと口の中で暴れ回るようだ。甘エビよりもずっと野性的なのが、ぼくの好みだ。刺身用はてんぷらにも向く。腹に小さな切れ目を入れて衣をまぶし、油で2~3分も揚げれば、一流店も顔負けのてんぷらができあがる
小のむきエビは、かき揚げや茶碗蒸しチャーハン、野菜炒めなど使い勝手がいい。なかでもつみれ鍋がおすすめ。包丁でよくたたき、卵白とかたくり粉少しでつなぎ、団子に丸めて鍋物に加える。上品な味とぷりぷりした歯ざわりはほかではちょっと味わえません。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070630


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト