MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼どんな料理でも実力発揮

薩摩甘エビ(ヒゲナガエビ)は特大・大・中・中小・小の5段階に分けられる。中から特大までは、塩焼きやから揚げ、フライとして頭付きで出荷される。地元ではこのサイズを殻付きのまま背中を開いて背ワタを取り除き、そこにマヨネーズをのせ、電子レンジで温める食べ方が好まれているとか。ぼくは頭と殻、背ワタを取り除いて刺身で食べ、頭をほかの料理に利用する。たとえばサバと一緒に醤油仕立てで煮る。これだけでサバが一段も二段も美味になり、香りも上品に仕上がる。頭を味噌汁に入れてもいいだろう。殻付きはフライパンでから炒りして、塩とコショウをふるだけでもうまい。「このエビは殻がやわらかいから、殻のまま料理すると見栄えがいいし、おいしくて栄養もあります」と漁師の社長さんはPRを忘れない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070629


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト