MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼島ならではのナマコ料理「ふくらぎ」

ナマコの食べ方といえば、居酒屋で酒の肴にする酢の物やコノワタくらいしか知らない方が多いはず。ところがここ頭島には多彩なナマコ料理がある。「ふくらぎ」もその一つ。「ハラワタを取り除いて、適当な大きさにきざんだナマコを沸騰した湯に落とすんじゃ。このゆで加減がなかなかむずかしい。ゆですぎると縮んで硬くなってしまう。これを取り出してなますを作る。ゆでた分だけ生よりやわらかいので、おれみたいに歯が悪くてもおいしいのう。これにヤマイモのおろしをかけたりもするな」。
強壮が信じられるナマコとヤマイモの取り合わせ。いかにも効きそうではないか。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070600


【辞典内Top3】 ▼マコガレイとマガレイの見分け方  ▼ゾウリエビとウチワエビの見分け方  ▼キビナゴとイカナゴは大違い  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト