MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼シラウオを待望の踊り食いで

蛯名さんの店で、これも小川原湖名産のワカサギのてんぷらで熱燗をチビリチビリやっていると、オーナー兼料理人が大切そうに大きなボウルを抱えてやってきた。中をのぞくと体が透きとおった生き物が、水の中で元気に泳いでいる。箸で摘まむとぶるんぶるんと体をふるわせ、それが指まで伝わってきた。ちょっとかわいそう。たれに付けて口の中に放り込んだ。やわやわコリコリの食感と天然の甘味、ちょっとした苦味のデリケートバランスがいい。各地の「シラウオの躍り食い」はシロウオを使っている。「これが本物のシラウオの踊り食いです」という蛯名さんの鼻が少し高くなったようだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070579


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト