MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼ソデイカ釣りは「ヒキジ」が命

タル流し釣りに使うバケがまたユニークだ。相手が大型のため、長さが30センチ弱もある。白い布で巻いてあり、まるできりたんぽのよう。その下に大きなイカバリが結ばれている。「白い布を巻くのはアカイカが抱きやすくするためだよ。内部の素材と全体のバランスついては、漁師それぞれに秘訣があり、人には絶対に教えない。帰宅するときも船に置かず、必ず自宅に持ち帰っているんだ」。
米田さんは道具を流し終えると、漁船をゆっくりと走らせて、漁場を何度も往復しては、ウキの変化に目を凝らす。「ほら、あのウキが立っただろう。あれはアカイカがイカヅノにのった証拠だ」。手に糸を持ったベテラン漁師は、ソデイカの引きに合わせて、両手でやったりとったり(これを田後の漁師言葉で「ヒキジ」という)して、慎重に糸を手繰っていく。およそ100メートルの海中から、やっと海面に姿を見せたソデイカはさすがに大きかった。胴の長さ60センチ、重さ12キロはありそうだ
こうして米田さんは、立っているウキを見つけては、ソデイカを次々に釣り上げていった。田後のソデイカ漁は、8月後半から12月まで続く。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070548


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト