MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼漁は数あれど、すべて商売抜き

ケムシカジカを食べたくなると、ぼくは宮城県鳴瀬町月浜にある民宿「千鳥荘」を訪ねる。主人であり、漁師でもある鈴木一男さんのケムシカジカ(ここではボッケ)漁の話が楽しい
「ここの漁師はボッケが大好きだ。普段は水深50~200メートルの深海に棲んでいるけれど、11月には産卵のため浅瀬にやってくる。そうすると、ほとんどの漁師がボッケ網の船を出すんだ。普段は網をかけない漁師さえ網をかけるほどだ。これはみんな商売抜き。自分や家族が食べるためだけに出漁する。おれもそうだけどね」
月浜のボッケ漁は、網以外にもいろいろある。小船から箱眼鏡で海底をのぞいて、ヤスで突いて獲る突きボッケ漁、箱眼鏡を使わずに船からいきあたりばったりにヤスで海底を突くめっぽう突き漁、素手でつかまえる素潜り漁もある。大好物のケムシカジカ食べるために、漁師はあらゆる手を使う。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070521


【辞典内Top3】 ▼殻の中に含まれるホヤの汁が隠し味  ▼「イサキは北向きで食べろ」  ▼タチウオ料理は背ごしに尽きる  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト