MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼漁師流炊き込みご飯の作り方

今治の漁師が漁師流クロダイの炊き込みご飯をご馳走してくれたことがある。ウロコを取り除き、腹を切り開いてエラとハラワタを取り除く。米を研いで、クロダイを頭付きのままのせる。魚の水分だけ炊き汁を少なめにするのがコツらしい。「いつもはこれに醤油を入れるだけなのだが、今日は野菜も入れよう」といって、細切りのニンジン、ささがきのゴボウを加えた。
炊き上がってから十分に蒸らし、それから頭や中骨、小骨をはしで取り除く残った身とご飯を混ぜ合わせてから茶碗によそう。大きめの身を選んでご飯にのせると、見た目がよろしい。このとき食べた炊き込みご飯は、特有の香りが鼻先に立ちこめ、漁師のいうとおりご飯にねばりけがあり、どんな炊き込みご飯より滋味深いものだった。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070516


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト