MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼気取らない味だが、けっして凡庸ではない

「尾にトゲがあるので気を付けてください。刺されると素人では絶対に抜けない。医者に麻酔をかけて処理してもらうことになるよ」と遊佐さんの注意が飛ぶ。網上げが終わると、漁師の一人が船上でクロカスベのヒレ部分を包丁で切り取った。そのヒレだけを持ち帰り、遊佐さんの民宿「後山荘」で煮付けを作ってもらった。
背の黒い皮をむき、醤油味で煮付ける。臭み消しに根ショウガを使うこともあるそうだが、とりたてのクロカスベにはそれを必要としない。気取らない味ではあるが、けっして凡庸ではない。軽妙、洒脱、成熟、野趣、生気、この種の機微の入り組み方をほめたい。それになによりも、軟骨を噛み下すジョリジョリという歯ごたえと身の弾力性が小気味いいんだなあ。
給分浜のクロカスベは6月と7月によく網にかかる。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070411


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト