MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼あふれ出る肉汁にぞっこん

奥さんの芳枝さんが、熱湯で殻ごとゆでてくれた。こいつのおいしさを知らなければ、目にしただけで遠慮したにちがいない。なにしろ亀の手そっくりなんですからね。芳枝さんに教えられたとおりに(これまで各地で何度も教えられているのに、すっかり忘れているのだ)、頭状部の殻を割り、肉柄の皮をむき、淡いピンク色の小さな身を吸い込むようにして味わった。これはどうだろう! 貝でもなく、カニでもなく、ましてや魚でもない美味。やわらかいのに、生意気に歯ごたえがあり、噛みしめると肉汁があふれる。外見には似つかわしくないすっきりした上品な味わいそれでいて磯の生物が持つ濃厚さも十分に持ち合わせているのだ。カメノテ料理にはほかに味噌汁吸い物が秀逸。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070357


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト