MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼目が潤んで見えるからウルメイワシ

細長く、胴体はマイワシに比べると丸っこい輪切りするとほぼ円形。大きい眼は脂肪膜におおわれ、目が潤んで見えるそれでウルメイワシ潤目鰯)の名がある。マイワシカタクチイワシよりも水揚げ量が少なく、産地以外ではめったに店先やスーパーで鮮魚を見かけない。古くはウルメイワシを運搬する潤目船、ウルメイワシを売り歩く潤目売りといった言葉もあったようだから、かつては今以上に一般的な食材だったと推測できる。『徳川実記』にも「三浦の代官日野小左衛門正晴、斎藤喜六郎直房に命ぜられ、うるめ鰯をめして、御膳に供へられし事もありしとなり」とある




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070332


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト