MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼料理上手の女将はアサリのフライが好物

ぼくはうまいアサリ料理が食べたくなると、福島県相馬市の松川浦まで足を伸ばす。ここは周囲28キロの大きな潟湖(せきこ)で、アサリの絶好の生息地になっている。以前は自然のままに繁殖していたが、今では稚貝を放流するようになった。それでも、ここのアサリは身がぷっくりと太っていてうまいことに変わりはない。
松川浦には多彩なアサリ料理が受け継がれている。それをいつも懇切ていねいに指南してくれるのは、旅館「松葉荘」女将の佐藤順子さん。佐藤家代々のアサリ場を受け継ぎ、アサリ料理の注文があれば、小船の舵を取ってアサリ獲りへ出漁する活発な女将だ。「バター焼き、酒蒸し、吸い物、串焼きなど、ここの食べ方はいろいろあります。なかでも私はアサリフライ大好きなんですよ。大きめのアサリを選び、むき身にしてさっと湯がきます。それを串に刺し、パン粉をまぶして油で揚げるのです」。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070328


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト