MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼イイダコ料理の傑作、砂糖醤油煮

イイダコにはちょいとした下ごしらえが必要になる。まず墨袋を取り除く。次に塩でもみ洗いしながらぬめりを取り除く。こうしてから料理にかかる。日生では煮ものや辛子酢味噌和え、キュウリなますで楽しむ人が多い。煮ものはイイダコをいったん軽くゆでてから、それを水と醤油と砂糖の煮汁できりっと煮付ける。日生ではこれを砂糖醤油煮という。辛子酢味噌和えはゆでたイイダコを食べやすい大きさに切り、酢と味噌と辛子と砂糖をすり鉢ですり合わせた辛子酢味噌で和える。キュウリなますはゆでたイイダコを適度な大きさに切り、キュウリの薄切りを混ぜ合わせて甘酢に浅く漬け込んだものだ。
日生の漁師が「2月頃の飯粒を持ったイイダコはうまいもんじゃ」というように、イイダコは卵を抱えた頃に味わいたい。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070243


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト