MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼アンコウのとも和えは骨ごとしゃぶり食い

深海に生息するアンコウは、北海道以南の全国各地の底曳き網漁で多く漁獲される。尾浜(福島県相馬市)は大型船による沖合底曳網漁が盛んな土地で、ほかの底ものの魚とともにアンコウが多く水揚げされる。ここにはアンコウの伝統料理がよく受け継がれている。
松川浦漁港から徒歩5分ほどのところに魚直販センターがあり、私はここに店を構える松本魚店でよくアンコウを買い求める。店を守る松本タイ子さんは、ご主人が沖合底曳網船の漁師ということもあり、アンコウ料理の指南役には打ってつけである。「私たちはとも和えでアンコウをよく食べますよ。皮付きの身を骨ごと適当な大きさに切って、いったんゆでこぼします。その身に肝を加えて、おはしで混ぜながらフライパンで炒めます。肝から脂が出ますので、油は必要ありません。熱が通ったところで味噌を加えて、少量の砂糖と日本酒で味をととのえます」。人によっては、水でもどした切り干し大根を加えるという。アンコウのとも和えは、行儀悪く骨ごとしゃぶり食いするのが漁師流である




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070235


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト