MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼浜だからこその贅沢料理、アンコウのどぶ汁

尾浜ではアンコウのどぶ汁も人気があるアンコウの肝を鍋でから煎りして、ダイコンのいちょう切りを加えて軽く煎る。次にアンコウのあらと皮を入れ、大根が煮えてきたらアンコウのほかの部分を投げ入れる。熱が通ったところに味噌を加えて味をととのえる。アンコウからにじみでる水気だけで作るのが本格派だ。もっとも最近はアンコウが高価なため、産地であってもダイコンだけでなく、ハクサイなどの野菜類を入れて「増量」することが多いらしい
アンコウは「梅が咲くまで」といわれるとおり冬を旬とする。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070236


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト