MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼佐賀関の漁師はコマセ(撒き餌)を使わない

佐賀関のサバ一本釣りには2通りの漁法がある。一つは1本の釣糸に疑似餌を20本ほど付け、船を止めて垂直に仕掛けをおろして釣る。もう一つは1本の釣糸に疑似餌を80本から90本と数多く結んで、船を潮流に任せて移動し、仕掛けを流しながら釣る。佐賀関ではこの漁法も一本釣りといい、前者と分けるときは「漕ぎ釣り」とも「飛ばし釣り」とも呼んでいる。疑似餌にはサバの皮に鳥の毛をまぜるなど、漁師それぞれが工夫を凝らす
ここのサバ一本釣りでほかと異なる大きな点は、漁師たちが撒き餌を一切使わないことだ。撒き餌のオキアミを振りまけば、よく釣れることはたしかだが、年中オキアミを食べる魚はどうなるか? エサを追いかける必要もないので運動不足となり、栄養過多で肥満化し、結果として味が落ちる。関サバの名声は撒き餌禁止の漁法によって守られているといっていいだろう




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070215


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト