MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼例年のサンマ漁は8月下旬の北海道東沖から

体つきが細くて長いことから、サマナ(狭真魚)と呼ばれていたものがサンマという魚名に変化したとされる秋刀魚という漢字は秋が旬で、長く青く光る刀に似ることから当てられた。
サンマは季節とともに大きく回遊する。太平洋側のサンマは黒潮の勢力が強くなるにともなって北上し、エサのプランクトンが豊富な親潮水域へ移る。例年だと8月に千島列島東方海域に達し、そこから南下を始める
日本海域でのサンマ漁は、8月下旬の北海道東沖から始まる。9月頃に三陸沖に移り、10月に常磐沖、銚子沖、11月に伊豆半島沖から紀州、四国、九州の沖へ。といっても北海道東沖に長くとどまる年もあり、サンマの魚群は気まぐれで、サンマ好きは毎年一喜一憂することになる。日本海サンマ少ない




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070179


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト