MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼おそるおそる口にして病みつきに

ホヤは原始的脊索動物という原索動物に分類され、われわれ脊椎動物の起源と進化をさぐるうえで貴重な存在だともいわれている。日本沿岸に約200種類を数えるそうだが、食用にする多くは、北海道南部から九州北部までに分布するマボヤである。にぎりこぶし大で赤褐色の厚い殻に覆われ、その殻には角のような突起が突き出ている。この形から「海のパイナップル」と呼ぶ人もいて、初めて見る人はまずその奇怪な姿に驚く。それでもおそるおそる殻の中の橙色の身を口にすると、半数の人は病みつきになる。では、あとの半数の人はどうなるかというと、そのくせのある味と匂いに閉口して、以後遠慮することになる。ホヤはそういう食べ物なのだ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070142


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト