MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼給分浜のアナゴ漁ではハモ筒を使う

アナゴは籠や底曳き網、釣りでも漁獲されるが、多くはアナゴ筒(どう)による。アナゴ水揚げ日本一に輝く給分浜(きゅうぶんはま)(宮城県牡鹿町)もこの漁法をとっている。もっともここではアナゴをハモと呼ぶから、アナゴ筒ではなくハモ筒になる。長さ1メートル、直径20センチ前後の塩化ビニール製のハモ筒にエサのイワシやイカを詰め込み、これをいくつもロープで結んで海底にはわせておく。夜になって活動を始めたアナゴが、エサにつられてハモ筒にはいると、もう二度と出られない仕掛けになっている。そう、ウナギを捕獲する梁簀(やなす)同様と思っていい。「午後3時に一斉に出して、ハモ筒を仕掛けてから数時間は沖で休憩して、暗くなってからハモ筒を上げていく。大きな船は1200本のハモ筒を仕掛けるな。大漁のときは一つの筒に2、3本のハモがはいるときもある」。これから出漁という漁師が、漁港でエサのイワシをハモ筒に詰め込みながら説明してくれた。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070076


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト