MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼伊豆半島ではバショウイカと呼ぶ

胴の周囲にひれ(耳)を持ち、それをあおぐようにして泳ぐことからアオリイカの名がある。伊豆半島では形が芭蕉の葉に似ていることから、バショウイカの通り名がある。九州ではミズイカといったり、初夏から盛夏にかけて海藻に産卵することからモイカと呼ばれたりする。能登半島ではクツイカ、あるいはクチイカという。大きくて靴の形に似ているからといわれるが、語源ははっきりしない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070067


【辞典内Top3】 ▼マコガレイとマガレイの見分け方  ▼ゾウリエビとウチワエビの見分け方  ▼キビナゴとイカナゴは大違い  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト