MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼マダコの用心深さを逆手に取ったタコ壺漁

見た通り、マダコはほかの多くの海の生物が持っているような、わが身を守るウロコも殻もない。むきだしの体だから天敵のマダイやウツボの鋭い歯でやられたらひとたまりもない。マダコがよほど用心深いのはそのためだ。昼間は岩のあいだにひそんでいて、夜になると長い腕を巧みに使ってエビやカニなどをからめとる。そのマダコの用心深さを逆手に取ったのが伝統漁法のタコ壺漁である。小心者のタコにとって壺は格好の隠れ家だ。やれうれしやとその底にじっとひそんでいるところを家ごと漁獲してしまう。「とくに食事中は天敵に襲われやすいために壺をよく利用するようだ。壺の中のタコはカニや貝などの食べ残しといっしょに上がってくることが多いからな」とはタコ壺漁師の証言である。なおマダコは見かけによらず清潔好きで、古くなったタコ壺にははいりたがらないらしい




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070053


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト