MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2自然 > 自然

流氷
【りゅうひょう】

流氷は塩辛いのか?

海水が凍ってできている氷の塊「流氷」。海水が凍ったのだからかなり塩辛い塊になっていると思いがちだが、実はそうではない。なぜかというと、水は氷になるとき、ほかの物質を含んでいても、不純物を吐き出して、なるべく純粋な水だけで凍ろうとする性質があるからだ。純水の場合は摂氏〇度で凍るが、塩分が含まれている海水は約マイナス一・八度で凍りはじめる。まず、海水のなかの真水の部分に氷の結晶ができ、次第に集まってシャーベット状の氷になる。この過程で徐々に濃縮された塩水は少しずつ海中に出されるそして、氷塊になる頃には、塩分の薄い氷塊のなかに濃縮された塩水が細長い管状に残されるだけとなる。これらの多くもさらに温度が低くなると氷塊の外にはき出されるだから、塩分が完全になくなることはないが、流氷は塩辛くはないのである北海道居酒屋などでは、流氷のオンザロックを出している店があるという。流氷のロックは、いい塩加減かもしれない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820950

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト