MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

雷電爲右エ門
【らいらいでんためえもん】

大名どうしの不仲が原因で、横綱になれず

古代に神事としてはじまった相撲は、江戸時代になって興行として形をなすようになった。当時、力士番付の最高位は大関であって、横綱はとくにすぐれた大関に与えられる栄誉であり、江戸時代を通して一〇人ほどしかいなかったという。そんな江戸時代の力士で、史上最強といわれながら横綱になれなかったのが、江戸時代後半に活躍した雷電爲右エ門もんだ。当時は場所数が少なかったため、二一年間で勤めた場所は三五場所。しかし、二八五戦して二五四勝一〇敗、引き分け二、預かり一四、無勝負五という成績で、勝率は九割六分二厘という驚異的な数字を残している。そんな雷電が四五歳で引退するまで一七年間ずっと大関のままで、ついに横綱になれなかったのには理由がある。この頃の名力士は大名お抱えが普通で、大名は自分が面倒を見ている力士の強さを誇りたがった。雷電も将来を嘱望され、二三歳で松江藩松平氏のお抱え力士となった。八石三人扶持だったというから、足軽並みとはいえ士分であり、帯刀も許されていた。松江藩松平氏は、徳川家康からつながる血筋の家柄だ。興行相撲へデビューするといきなり関脇の地位を与えられたのも、松平氏のおかげである。だが、この松平家お抱えというのが雷電の不運にもなった。実は力士番付の決定権を持つ相撲の家元的存在の吉田司家は、熊本藩細川氏の家臣にあたる。細川氏は外様大名の大物である。血筋を誇る松平氏は、雷電を横綱にしたければ外様の細川氏に頭を下げなければならない。細川氏も進んで雷電に栄誉を与えたくはない。この大名どうしの意地の張り合いが、雷電が横綱になれなかった最大の要因といわれている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820936

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト