MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > コトバ

よさこい
【よさこい】

お隣の「阿波踊り」を意識してはじまった「よさこい祭り」

毎年八月九日から一二日の間、前夜祭、本番、後夜祭とおこなわれる「よさこい祭り」。高知の名物として、現在は一四〇?一五〇団体、約一万六〇〇〇人前後の踊り子が出場して、約一〇〇万人の観光客を集めているといわれる。音楽はロックラップジャズ調といろいろあって自由。ルールは鳴子という木製の楽器を持つことと、必ず「よさこい鳴子踊り」の一節を入れることだけである。そもそも一九五四(昭和二九)年、お隣徳島の阿波踊りに対抗して、何か市民の祭りをつくりたいと考えた高知商工会議所が行政に働きかけてつくったのが、よさこい祭りである。「よさこい」の言葉は、「夜さ来い」の意味をあらわしていて、夜這いを誘う文句だったが、「よさこい踊り」は、高知の民謡であるよさこい節に合わせて披露するお座敷踊りだった。これだけでは阿波踊り対する名物に足りないと考え、鳴子を持つことになった。このように、阿波踊りが徳川幕府の城下町の頃からあったことに比べると、よさこい踊りはまだまだ新しい踊りなのである。そのためか、阿波踊りが徳島地方の伝統祭りなのに対して、「よさこい」は全国的に広がりつつある。なんと全国によさこい系列の祭りは七〇カ所以上もあるというのだ。北海道札幌市の「YOSAKOIソーラン祭り」がその代表格だ。それ以外でも、宮城県仙台市「みちのくYOSAKOIまつり」、岩手県盛岡市YOSAKOIさんさ」、栃木県小山市YOSAKOIおやま」、静岡県沼津市よさこい沼津」、大阪府泉大津市よさこいin泉大津」、広島県呉くれ市「よっしゃこい祭」など、まだまだ各地に広がりつつある。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820933

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト