MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 健康

輸血
【ゆけつ】

イヌの場合には、違う種同士でも輸血は可能なのだろうか?

動物医療も進歩して、高齢の犬に白内障の手術をしたり、入れ歯をつくったりすることもできるようになった。事故による骨折の手術などは難なく進められている。そんな手術の際、輸血が必要になる場合もあるだろうが、さてイヌの場合、どんなイヌ同士でも輸血(供血という)ができるのだろうか。イヌの血液型は、犬赤血球抗原(DEA)による分類が国際的に認知されており、一三の型系が知られている。犬の血液型を九種に分ける日本での分類もあるが、国際的には認知されていないという。血液型が同じなら大型犬だろうが小型犬だろうが輸血は可能だが、万が一に備えて適合テストをしてからでないと輸血はしないのが普通のようだ。犬は家族の一員という意識が確立しているアメリカでは、ペットの血液バンクが設立されていて、手術に際して希望の血液型を供血するシステムが整っているという。日本では、輸血が必要な高度医療が施されるようになっても供血の量は十分でなく、獣医院で供血用のイヌを飼育しなければならない状況だという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820924

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト