MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

マンハッタン
【まんはったん】

マンハッタン島は、わずか二五ドルで買い取られた?

ウォール街ブロードウェイ、セントラルパークなどがあり、高層ビルが立ち並ぶ摩天楼としても有名なニューヨークの中心マンハッタン島。現在、ここの地価がいくらなのかは想像もつかないが、一七世紀、先住民からオランダ人入植者が買った値段は、わずか二五ドルだったといわれる。一七世紀、オランダ人はマンハッタン島南端に植民都市ニューアムステルダムを建設した。ビーバーの毛皮の交易基地であった。オランダ人の商人は、もっと大規模な交易基地にしたいと考え、そこに住んでいた先住民に土地を譲るようにに交渉をはじめた。このとき、オランダ人が提示したのが、二五ドル相当にあたる六〇ギルダー分のガラス玉や小物といった雑貨品だった。そして一六二六年、わずかこれだけの物資と交換で、マンハッタン島は買い取られてしまったのだ。もっとも、当時の六〇ギルダーは、植民地総督の半年分の給与とほぼ同額というから、いまの二五ドルとは価値がまったく異なる。とはいえ、マンハッタンのような経済の中心地が、総督とはいえ一人の高級官僚の半年分の給料で買い取られたのは、あまりにも安すぎるだろう。先住民からマンハッタン島を譲り受けたオランダ人は、都市を大きくし、その後もビーバーの毛皮の交易基地として栄えたが、さらに大々的に栄えるようになったのは、一六六四年にオランダ人の手からイギリス人の手に渡り、ニューヨークと改名されてからである。ちなみに、オランダ人がマンハッタン島を買い取ったときは、マンハッタン島すべてということではなかった。だから、そのままマンハッタン島に住み続けている先住民もいた。ところがイギリス人の手に渡った途端、マンハッタン島全域がイギリス人のものになってしまい、先住民は島から追い出されたのであった。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820853

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト