MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2学校じゃ教えてくれない?! > 単位

マッハ
【まっは】

飛行機の速さをあらわす「マッハ」は、人の名前

飛行機ミサイルなどの速さをあらわす「マッハ」という単位は、人の名前に由来している。M(マッハ)1は秒速約三四〇メートル。国際標準大気を伝わる音の速さが基準になっている。これを定義づけたのがオーストリアの物理学者エルンスト・マッハ(一八三八?一九一六)だ。超音速の研究によって功績を残したが、物理学以外にも哲学、科学史、心理学生理学、音楽論など研究分野は驚くほど多岐にわたる。そんなマッハだが、意外にも少年時代はそんなに勉強ができる子どもではなかった。モラビア(現・チェコ)で貴族の家庭教師の子として生まれ、父の教育のおかげで実験や数学に興味は示したものの、ギムナジウムになじめず退学したりしている。ところが父の書斎にあったカントの本を読んでから彼の態度は一変、ウィーンの大学で学んだ後、数々の大学で教壇に立つかたわら、研究に打ち込んだ。「マッハの原理」によると、物体の慣性力は全宇宙に存在するほかの物質との相互作用によって生じるされる。たとえば私たちが動くと、宇宙のあらゆる存在に光の速さ(一秒間で地球を七回り半する速さ)で伝わり、逆に私たちも宇宙のあらゆる存在の影響を受けている。こうした考え方はもちろん、それまで万全だと思われていたニュートン力学の矛盾点を明らかにしたことは、かのアインシュタインにも影響を与え、後の相対性理論生まれるきっかけにもなったといわれている。しかし皮肉なことに、マッハ自身は死ぬまで相対性理論は認めなかったという。また、明るい部分に隣接する暗い部分はより暗く、暗い部分に隣接する明るい部分はより明るく見えるとする「マッハ効果」や、濃い色から薄い色へグラデーションになるように色を配置したときに、その境目が白い帯のように見えるという「マッハの帯」は、現在のデジタル映像技術に多大な影響を与えている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820838

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト