MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

先斗町
【ぽんとちょう】

「先端」を意味するポルトガル語「ponta」が語源

男性なら一度は、お座敷に芸者衆を呼んで、粋なお茶屋遊びをしてみたいと思う人も多いだろうところで先斗町というこの地名、広辞苑の編者である新村出氏によると、その語源はポルトガル語だという。「先斗」はポルトガル語の「ponta」のこと。意味は「先端」とか「先」といった意味である。英語にすると「point」。いまの私たちには、こちらのほうがなじみ深い。先斗町が「先端」を意味するポルトガル語で呼ばれたのは、先斗町が鴨川原の片側の先端にあったためという。いつからそう呼ばれるようになったかは不明だが、鴨川の護岸工事で宅地ができたのが江戸時代のはじめ頃。一七〇〇年頃に出された本には「ぽんと町」と出てくるという。江戸時代後期になると、先斗町に遊郭ができる。五軒の遊郭が立ち並び、花街の色彩を濃くしていった。一八一三(文化一〇)年には、遊郭だけではなく芸者を抱えることも許可された。明治になると、芸妓たちの教育機関も設けられた。芸者を志すものはそこでみっちりと芸を仕込まれていった。一八七二(明治五)年の第一回京都博覧会の際に、いわゆる余興として先斗町の芸妓たちによる「鴨川をどり」が初演され、その華やかな様子は先斗町の一つの顔にもなっていった。その後、芸妓による「鴨川をどり」は一時中断されたこともあったが、一八九五(明治二八)年に復活している。いまでは、先斗町の歌舞練場で、春と秋にこの「鴨川踊り」が披露されており、人々の目を大いに楽しませてくれる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820823

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト