MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2社会 > 宗教

煩悩
【ぼんのう】

煩悩は、なぜ一〇八なのか?

大晦日の除夜の鐘は一〇八回鳴る。これは、私たち人間の煩悩の数といわれ、その罪業を消すために打ち鳴らすのだといわれている。なぜ、煩悩の数は一〇八なのであろう。確かに誰にでも煩悩の一〇個や二〇個くらいはあるだろうが、一〇八というのはずい分欲張ったものだと思えなくもない。調べてみるといくつかの説がある。まず一つは、仏教の概念では、煩悩とは人間の心を「一年中」乱し迷いを起こさせるものだからという説。一年は一二カ月あり、二四の節気と七二の候に分かれている。その合計が一二+二四+七二=一〇八になるというわけだ。もう一つの説は、煩悩は人間の感覚をつかさどっている六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)から出てくるからいうもの。六根は「好」「悪」「平」の三種に分かれ、そのそれぞれが「浄(清い)」と「染(汚れ)」という二種に分かれる。さらに、それぞれには「過去」「現在」「未来」があることから、六×三×二×三で一〇八になるというのだ。どの説が正しいという見解はないのだが、いずれにしても、煩悩が一〇八つあるのは、きちんとした理由があるのだ。ちなみに数珠もこの煩悩を断ち切るためのものなので、本来は一〇八つあるものが基本である。そのほか、煩悩のなかでも解脱に悪い影響を起こすものとされる三毒を消すためには、一八、二七、五四の数がよいとされるようだ。三毒とは、貪欲、瞋恚、愚痴の三つ。つきない欲望、怒り、おろかなことをそれぞれあらわす。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820824

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト