MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生物の不思議 > 動物

ヘビ①
【へび】

ヘビの尻尾は、体を裏返せば一目瞭然!

「ヘビの尻尾」という表現を普通に使ってしまうが、よく考えてみるとどこが尻尾なのかわからない。体全体が細長い尻尾のような形をしているのだから、どこまでが胴体でどこまでが尻尾かなんて区切りがなさそうに見えるところがその区切りは、生物学的に見れば一目瞭然という。ヘビを裏返すだけでわかるというのだ。ヘビの腹の部分には腹板(腹鱗、いわゆる蛇腹)と呼ばれる横長のウロコが縦に連なっているのだが、頭からたどっていくと、途中に腹板よりも幅の広い肛板と呼ばれるウロコがある。ここには人でいえば肛門にあたる総排出腔があり、その穴を隠すために大きなウロコになっているのだ。それが胴体と尻尾の境目の目印である。つまり総排出腔から頭側が胴体部分、後ろ側が尻尾ということになる。種類によっても異なるのだが、全長に対する尻尾の割合は、多くのヘビはおよそ五分の一。短い場合では一〇分の一、長い場合では三分の一くらいになるという。意外にヘビは胴長なのである。また、一部の原始的な種類では、肛板の左右の両側に後ろ足の痕跡である爪状の突起が見られるという(別項◆◆◆【ニシキヘビ】参照)。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820797

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト