MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2ヒトの不思議 > 人物

フロイト
【ふろいと】

自分自身が神経症で、タバコを手放さなかった心理学者

オーストリアでユダヤ商人の子として生まれ、後に世界的精神分析学者となるジークムント・フロイト。彼はブリュッケの生理学研究室で神経細胞の組織学の研究をし、やがて臨床実習に従事した。パリに留学した後、三〇歳で神経病医として開業。ヒステリー患者の根本的治療を模索しているなかで、患者に自由に話をさせ、患者自身も気づかないでいた精神状態を引き出す「自由連想法」と称する精神分析療法を生み出した。フロイトは当時の医学界のなかで最も遅れていた精神医学を研究し、精神分析学を創始した功労者であり、彼の研究により、精神医学は大きく発展した。彼が生み出した精神分析学は、文学や社会学など、ほかの学問分野にも大きな影響を与えた。ところで精神分析の祖フロイトは、なんと自分自身神経症を患っていたといわれる。若い頃から情緒が不安定で、この症状があらわれると物を書くことも集中して考えることもできない。また旅行不安の発作にも悩まされた。これを克服した後も、汽車に乗り遅れるのではないかという不安が消えず、汽車に乗るときは一時間も前からプラットホームに立っていたという。一日に二〇本もの葉巻を手放せないというニコチン中毒でもあり、後に不整脈が見られるようになったり、六七歳で口蓋部にがんが発病し何度も手術をくり返したのも、そのせいではないかと考えられている。彼はそれがわかっていても、発病後も葉巻をやめることができなかった。フロイトは一時コカインを研究していたことがある。コカインによって気分が明るくなることを知ったフロイトは、憂鬱を吹き飛ばし、仕事に専念するためにコカインを服用したこともあるという。コカインに中毒性があることの理解が不十分だったためで、婚約者や妹にまで勧めていたという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820785

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト