MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2 >

富士五湖
【ふじごこ】

幻の第六番目の湖「赤池」とは?

富士山の噴火とともに誕生した富士五湖。山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖をさす。ところが、この付近には、幻の第六番目の湖がある。「赤池」と呼ばれる湖だ。赤池は、一〇年に一度出現するといわれている湖で、精進湖と河口湖の間にある瀬々波橋から見下ろすことができる。この赤池は、精進湖が増水するとあらわれる。一九九八(平成一〇)年には、富士五湖のなかの西湖が五メートルも増水したとニュースになったが、このとき、精進湖も増水して赤池があらわれた。二〇〇四年にも出現した。一説に精進湖とつながっているのではないかといわれている。なんとも不思議な現象だが、富士五湖のうち、本栖湖、精進湖、西湖の三つの湖もまた、湖底ではつながっているのではないかとされている。その根拠としては、この三つの湖の水位がほとんど同じであること、三つの湖の標高差が二〇メートル程度しか変わらないことが挙げられる。また、富士五湖の形成過程から考えても、この説は有望視されている。富士五湖は、富士山の爆発によって、周りの谷がせき止められることでできた湖だが、はじめから五つに分かれていたわけではない。まず「せの海」と宇津湖の二つの湖ができ、その後の富士山の爆発によって、この二つがさらに分かれたのである。せの海から分かれたのが本栖湖、精進湖、西湖なので、この三つが湖底でつながっている可能性があるというわけだ。一方、宇津湖から分かれてできたのが、山中湖と河口湖。こちらの場合、標高差が約一五〇メートルもあるので、湖底でつながっているという説は唱えられていない。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820768

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト