MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2地理 > 場所

富士山①
【ふじさん】

雲よりも高い富士山頂に、雪が積もる理由

日本一高い山といえば富士山である。富士の絶景といえば、真冬に山頂部だけに雪が積もり、青みがかった山肌のてっぺんだけが、真っ白に輝いている風景だ。だが、よく考えてみると、山頂より低いところにしか雲がないのに、山頂に雪が積もって白くなっているのはなぜだろう。そもそも雪は、雲に含まれている水蒸気が急激に冷やされて氷結し、地上に落ちてきたものだ。雲より高い位置に雪が降るはずはないのだから、ますます不思議になってくる。だが、これはとても簡単な理由による。普通、雪や雨は一万三〇〇〇メートルほどの上空から降り注いでくる。富士山は三七七六メートルだから、天下の富士山をもってしても、そのまたはるか上空から降り注いでいるので、当然雪が積もるというわけだ。私たちは肉眼で雲の形をしている白い雲しか見ないので、低い位置の雲にばかり目を奪われてしまうが、実はもっともっと上空に雲はたくさん発達しているのだ。富士山の近くにかかっている雲があると、美しいのでそちらに気を取られるが、実際には、気温さえ下がって条件が整えば、いつでも山頂が雪景色になるのだ。あのエベレストも八八四八メートル(ネパール政府公認)の高さであるから、上空から雪が降り積もることとなる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820769

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト