MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > スポーツ

ハット・トリック
【はっととりっく】

一試合で三得点をあげたら、どうして「帽子の奇術」?

ハット・トリック」とは、サッカーホッケーなどで、一人の選手が一試合に三得点することをいう。なぜそれを「ハット・トリック(帽子の奇術)」というのか。それはこの言葉がクリケットの試合で使われたことに由来する。一三世紀頃、イギリスで発祥したといわれるクリケットは、一一人編成の二チームが、ボールバットで打って得点を争う野外競技で、野球のルーツともいわれている。イギリス発祥のスポーツであるため、インドパキスタン、バングラデシュ、オーストラリア、ニュージーランド南アフリカなど、かつてのイギリス勢力圏を中心に普及している。さて、このクリケットはたいへんな高得点ゲームである。一人の打者(バッツマン)が二〇〇点、三〇〇点と得点することもある。だから、投手(ボウラー)が打者を無得点に打ち取ることはかなり困難なことなのであるそこで一回の中で三球で三人アウトすると、記念に真新しい帽子を贈られた。ハット・トリックは、もともと一八八〇年代に人気を博していたシルクハットを使う奇術のことで、その奇術の鮮やか手並みにたとえて、クリケットでの偉業を「ハット・トリック」と呼ぶようになったという。そして、これがサッカーホッケーでも、一試合に一人で三得点することは簡単ではないので使われるようになったわけだ。ちなみに、サッカーハット・トリックの連続世界記録は、ゴン中山こと中山雅史が一九九八年に記録した四試合連続。これはギネスブックに載っている。また、モータースポーツでも、一つのグランプリにおいてポールポジション獲得、決勝レースでのファステストラップ記録、優勝の三つを成し遂げることをハット・トリックと呼ぶ場合があるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820707

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト