MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 音楽

猫ふんじゃった
【ねこふんじゃった】

踏んだのは猫ではなく、ノミ?

ピアノを前にすると、とりあえず『猫ふんじゃった』を弾いてみるという人は多い。この『猫ふんじゃった』、実は国によってまったく違うタイトルを持つという愉快な曲なのだ。ドイツでは『ノミのワルツ』、フランスでは『カツレツ』、デンマークでは『王女の両足』、スペインでは『チョコレート』、ハンガリーでは『ロバのマーチ』、ロシアでは『犬のワルツ』、キューバでは『アヒルの子たち』、メキシコでは『お猿さん』、アルゼンチンでは『愚か者のポルカ』など、どうしたらそこまで違ってしまうのかというほどに違う。このミステリーに魅せられ、一五年以上も研究している人がいる。都内でピアノ教師をしている宮本ルミ子さんがその人。きっかけは輸入楽譜店でたまたま手にした『猫ふんじゃった』の楽譜だった。しかし、ドイツ語で書かれたタイトルは『ノミのワルツ』。それから世界各国の楽譜を集めはじめ、現在では二六の曲名があることがわかっているという。曲名のパターンとしては、猫や犬など動物が入っているもの、箸はしにまつわるもの、食べ物が入っているもの、デンマークの『公爵夫人』のように人にまつわるものなどである。マジョルカ島の『追い出しポルカ』のように、いずれにも当てはまらないものもある。なぜ同じ曲でこうもタイトルが違うのか謎は深まるが、残念ながら理由は不明である。また、この曲の作曲者や作曲年代にも諸説あり、そのうちの一つが、一八九六年にドイツ人作曲家のフェルナンド・ローによって作曲されたという説。タイトルの『FLOH WALZER(ノミのワルツ)』は、フェルナンドのイニシャル・Fと苗字の音をつなげて「FLOH」にしたのではないかという。実際のところは、作曲者も作曲年代もいまだに不明。日本語版のタイトルと歌詞についても、詳しいことはわかっていない。『猫ふんじゃった』のミステリーはまだまだ続く。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820675

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト