MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2生活 > 食べ物

南京豆
【なんきんまめ】

「南京」豆なのに、原産は南アメリカ

最近はあまり「南京豆」という言い方はしなくなったかもしれないが、これは「落花生」のことである。「ピーナッツ」という言い方のほうがもっと親しまれているかもしれない。ほかには「地豆」などとも呼ばれている。さて、南京という名前がついているぐらいだから南京豆の原産は中国の江蘇省南京であろう思ってしまうが、実は原産は南アメリカの中央部、アンデス山脈のボリビア、ブラジルアルゼンチンの三カ国の国境あたりの地域と考えられている。紀元前に南アメリカから中央アメリカの各地に伝播し、一六世紀にスペインからヨーロッパ方面に広がっていったと考えられている。また、奴隷の食料として奴隷船でギニアやセネガルへも伝わったという悲しい歴史もある。となると、まったく関係のない「南京」が名前についているのはなぜかという疑問だけが残る。理由は、原産地ではなくとも、中国で盛んに南京豆が栽培され、日本に輸入されていたからである。おそらく南京錠や南京虫、南京米のように、「中国経由で日本に来た豆」くらいの意味で名づけられてしまっただろう




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820650

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  八丁堀の旦那  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト