MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全2趣味 > 書籍

夏目漱石②
【なつめそうせき】

『吾輩は猫である』の猫は、実在した

明治の文豪、夏目漱石の作品のなかでも、猫が主人公という独特の設定とユーモラスな筆致で、いまでも多くの人に読まれている名作文学『吾輩は猫である』。この作品の主人公である猫にはモデルがいた。それは、夏目漱石の家に住みついてしまった野良猫である夏目漱石どちらかというと犬派で、妻も猫嫌いだったというから、二人とも野良猫ふらりと家にやってきたのは迷惑だった。そこで、猫を外に放り出すのだが、この猫は相当に図太い性格で、翌朝にはまた漱石の家にふらりとやってきた。どんなに追い出しても必ず戻ってくるため、とうとう漱石のほうが根負けして、その猫を放り出すのをあきらめてしまった。そういう事情のためか、漱石はこの猫に名前をつけてやらなかった。「吾輩は猫である。名前はまだ無い」というわけであるそして、小説同様、ずっと名前はなかったのである。漱石のこの猫への対応は、自分の飼い猫というよりも、その猫が家にいるのを見て見ぬふりをする程度のものだった。それでも、なにかしらこの猫を呼ばなくてはならないときは、「ネコ」と呼んだそうだそんな漱石だが、いくどかの引っ越しにも、この猫を連れていったのだから、あながち迷惑なだけの存在ではなかったのかもしれない。そのうえ、猫が死んでしまうと、墓をつくってやり、追悼の句まで添えたというから、漱石にとっては迷惑ながら気になる存在だったのだろう。いずれにしても、この猫がそれほど漱石の私生活を脅かしたおかげで、あの傑作が生まれたのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全2」
JLogosID : 14820644

この辞典の個別アプリ

雑学大全2
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾アプリ。

【辞典内Top3】 火元責任者  上総・下総  手のひらを太陽に  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全2」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:25.6x18.4x3.6cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487801305

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト